オーガと智ちゃん

この町の会社に勤めはじめた10年前に、このアパートに引っ越したのです。3年くらい働いたところで、実家に戻るつもりだったので、実家に住民票を置いたままにしていました。けれども、思ったよりも仕事が楽しく、住んでいるところも便利でずるずると居続けてしまい、この土地で結婚しても良いかと思うようになり、今住んでいるところの方が税金が安いのも事実で、これから住所変更しても悪くないかと思っています。引っ越し専門業者としては、日本通運(日通)も「引っ越しは、日通」のキャッチコピーとともに、誰でも知っている事業になりました。一般家庭の引っ越しを扱う業者は、何とか引越社や、どこどこ引越センターなどの名前がついていたという思い込みがあったかもしれません。ところが、運送会社は近年、引っ越しサービスを家庭向けに行う事業を増やしてきました。おかげで選択肢は広がってきましたが、日通のように大手の会社だったら、引っ越しサービスも充実しているでしょう。生活に何らかの変化がありNHKを見なくなるという事情があり、もう受信料を支払わないと申し出ても、NHKの受信機がないことを証明させられるなど、思いの外大変なことになります。それだけでなく、受信料を口座引き落としにしている世帯では、NHKとの間に解約が成立するまでNHK受信の有無にかかわらず引き落としが行われます。段取りを決めたら、一日でも早く手続きに取りかかってください。転居に必要な手続きの一つは、引っ越し後にインターネット回線を使えるよう、プロバイダーへの移転手続きを済ませることです。当たり前のようにインターネットを使っていると、うっかり忘れてしまうもので、これで引っ越し完了と思ったところで、そういえば、ネットが使えないと思い当たった、そういう話は実際にあるのです。当然ながら、引っ越しが重なる時期になれば工事が数週間待ちという話もよく聞きます。引っ越しの日程が決まり次第、プロバイダーへの問い合わせは抜けのないよう、早めに終わらせましょう。さあ、引っ越しの作業に取りかかろうという時には、軍手を用意しておきましょう。まず、荷造りの作業を思い浮かべてください。普段は使わないカッター類をたくさん使いますから、手を傷つけることも珍しくありません。荷物移動の際には、言うまでもなく荷物で手指を挟まれたり、荷物が落ちてきたりする可能性があります。ここで注意してほしいのは、自分の手と指の長さに合っていて、滑り止めがついている軍手でないと役に立ちません。それなら作業もしやすいですし、荷物も効率よく安全に運べますね。転居をきっかけとして、電話回線をどうするかももう一度見直してみましょう。固定電話をほとんど使わないため、契約を止めるという結論になるかもしれませんが、やはり電話回線を使い続けたいとすれば、引っ越しても電話回線を使えるようにするための意外と時間がかかるやりとりが生じます。契約開始が引っ越しに間に合わないと、契約が成立するまで電話回線が使えないので、いわゆる引っ越しシーズンならば、なるべく早く手を打つに越したことはありません。どんな引っ越しでも同じなので必ず行ってきたことですが、電気や水道と同じように、ガスの解約をすることになります。自分の引っ越しでも経験してきたことですが、解約自体が大変ということはありません。旧居を引きあげる前に解約しておかないと、転居後のガス代も引き続き請求されることになるので抜け落ちないよう注意しましょう。しかも、引っ越した月の末日まで自分が支払うルールになっています。家移りするということは、これまでの生活の後始末や、新しい生活への対応として物入りになるのはみんな同じで、引っ越し作業については無駄なお金は使いたくありません。少しでも安くできるかどうか、料金システムを調べてみませんか。どこの業者でも、割引はいわゆる引っ越しシーズンを上手く外せば閑散期料金になるシステムが大半なので、閑散期に引っ越しができるように進めていけるとベストです。忘れられていた様々なものが引っ越しの時に出てきますが、仕分けの結果、不要になるものもあります。処分に頭を悩ませてしまいますよね。ここで調べる価値があるのは引っ越し業者の不要品引き取りサービスの活用です。一部のものは、引っ越し業者がもともと有料で処分するべきものを資源のリサイクルなどの名目でただで引き取ってくれることもあるので、利用できるかどうか、聞いてみて損はありません。荷物を搬出するときまでに冷蔵庫の準備が間に合わず、思わぬ騒ぎになったという話もあります。前日までに、冷蔵庫については庫内が空になるようにし、コンセントを抜いて一晩で下の水滴貯めパレットに水がたまるため、捨てておけばあとは運ぶだけです。そのため、冷蔵庫の中のものは全て、前日までに食べきれるようにして、冷蔵庫で保管するものは買わないようにして少しの間、冷蔵庫なしでもしのげるようにしておくべきです。大がかりな引っ越しをするときには、なんだかんだと、引っ越し当日はやるべきことに追われて、一日作業に費やすでしょうから、当日でなくてもできることはできるだけやっておいてください。引っ越し先で、直ちに水道も電気もガスも使えるようにしておくことを忘れずにやっておいて、引っ越し当日に使うと考えられるものは荷物の中でも目立つようにして、使いやすくしておいた方が良いでしょう。退職して年金をもらうようになると、日常生活そのものが一変します。これを機会に、生活環境を変えるのも一つの手です。現在の住まいが集合住宅であっても、一軒家であっても、これまでの生活から年金生活に入ることによって、生活と住環境のずれが出てくるものです。とりわけ、借家住まいや賃貸住宅ですと今のお住まいでは家賃を払いきれないかもしれません。退職金などを元手に、引っ越しを考えるのも賢明な選択だと言えます。引越しで居住地が変われば、いろいろな方面に届け出ますが転居後には変更しなければならない事柄も少なくありません。固定電話の番号は、その最たるものです。引っ越しの日が決まったところで、早めにNTTに連絡し、引っ越し先で新しい電話番号を使うための手順を知っておくことが大事です。今さらですが、NTTの電話番号は市外、市内局番と個別番号で構成されています。もし、転居先が同じ市内局番の地域だったら同じ電話番号を使うことができます。単身世帯の引っ越しでは、一般的な引っ越しプランを使うよりも荷物の多くない単身世帯に向いたサービスを使っていくと費用もコンパクトにできます。このようなパックは多くが専用コンテナを使っており運べる荷物は多くないと考える方が多いでしょうが、結構多くの荷物が収まるものです。コンテナに収められなかったものがあれば同じ業者の宅配サービスを利用してください。住民票を動かすと、絶対しなければならない手続きの中で大事なのが運転免許証の住所変更を申請することでしょう。写真付き身分証明書として運転免許証を使うことも結構多いため、住民票を移動したら、早めに手続きしましょう。引っ越した先の警察署を訪ね、運転免許証、新しい住民票(本人分、写しで良い。住所変更後の健康保険証とか公共料金領収書なども良い)を窓口受付時間内に提出し、必要事項を記入して少し待てば記載事項変更は終わりです。都会のマンションやアパートでは、最近は隣に住む人の顔さえわからないということがごく普通になっています。だからといっても、日頃から挨拶する、災害など、大変なことがあれば助け合えるようなつながりがあった方が良いでしょう。お隣さんといい関係を作るために、取りかかりとしては引っ越したらすぐに、ちょっとした品を携え、両隣に挨拶に行くことをおすすめします。先週の土日を使って、引っ越しを終えました。荷物の移動が終わって、夕方、部屋の電気をつけて、「もう自分の家になったんだ」とジワジワきました。そんなこともあって、その日の夕食は特別なごちそうとしてピザとお寿司を宅配で、大好きなワインも買ってきて祝杯を挙げました。期待でいっぱいの新しい生活が始まりました。いろいろな課題が引っ越しをきっかけに生まれるものですが、ガスコンロが引き続き使えるかも、考えなくてはなりません。私が引っ越したときは、新築だったためガスコンロも新しくなったのですが、家具が備え付けられた住宅の場合には、今のガスコンロが引き続き使えることもあり得ます。プロパンと都市ガスなど、ガスの種類が変わるとガスコンロを使用できないこともあります。引っ越し後も同じガスコンロを使いたい場合や、買い換えの計画があれば使いたいコンロが使用可能か、注意してください。引っ越しの前に、業者の見積もりをとると思いますが、えっと思うようなことがありました。液晶テレビを移動する場合は、個別の保険をかけることになっているそうです。そのとき運んでもらったのは40型の液晶テレビで、30万円以上の購入価格であれば、運ぶためには保険の加入が必要と言われてしまいました。安心のためと割り切って、約1500円の保険をかけましたが、本当に必要な保険だったのかまだ引っかかっています。どのような場合でも引っ越しでダンボールを使うことになり、無料のダンボールを業者がサービスすることもありますが、無料ではないとか、それだけでは足りないとかいう話も耳にします。ダンボールが足りなければ、スーパーなどで業務用ダンボールはほとんど無料です。その場合、サイズは一定していません。荷物が入ったダンボールを縦横に積み重ねるので、サイズが揃っていないと計画的に積んでいく必要があります。収拾がつかないくらい、ものをたくさん持っている生活を日常としている方には、その方が引っ越すとき最も大変なのは荷造りを完了することでしょう。ものが多すぎて整理しきれず、本当に荷造りできるのか自信がなくなってしまったらもう引っ越ししなくても良いと思うこともあるでしょうが、これもチャンスだと思いきってどんどん捨ててしまうようにすればきっと楽になるでしょう。社会人になりたての頃、学生の時からの友達と一緒に生活していました。アパートだと、ペットを飼えないところが多く猫を飼っている友達は条件に合う物件を探すのに苦労しました。何軒かの不動産屋にあたって、ペット可の物件を探し当てました。すぐに入居でき、二人と一匹はとても幸せでした。毎日快適に生活するために必要な環境は、家や部屋の中だけではありません。ご近所との関係があればこそ、住環境が成り立つのです。よりよい関係づくりの手始めとして、引っ越し時の挨拶は早急に済ませましょう。必ず、何か手土産を持って伺うのが良いでしょう。挨拶は要点だけ伝われば良いので、とにかく好印象を与えるよう努めましょう。はじめの印象は、後々までの人間関係を決めるものです。この間、引っ越しまして、引っ越し当日までに大変な労力を使いましたね。マンションの高い階に住んでいたため大きい荷物の移動は、業者にお願いするしかありません。近所に引っ越したこともあって、お金を浮かせようと自分で運べそうなものを残しておいて何日も前から時間をとって、台車を借りて荷物を載せ、新居へと持っていったのです。台車一台で、よくも運んだものです。引っ越しの前日までに、短時間で良いので何時に、誰がどのように動くか確かめましょう。引っ越し業者の人が来るのは何時か、何時に作業を終わらせて荷物を運び出さなければならないかといった時間を確かめて、それに合わせて動けるようにしておきます。荷物は運び出しやすいところまで移動しておき、引っ越し業者さんの他、当日手伝ってくれる人へのお礼として冷たい飲み物の準備をしておきましょう。少しでも飲み物があれば、暑い時期の引っ越しでは心から喜んでもらえます。どちらかといえば、引っ越しが多いほうです。どこでガスを止めるかはいろいろな意見があると思いますが、引っ越し当日にガスを止めることが多かったと思います。引っ越し前はどんな時季でも身体を動かしていますし、汗もかいているので引っ越し前夜こそゆっくりとお風呂に浸かって疲れを癒やすのが楽しみでした。それに、当日になっても温かいものを飲むとふと緊張が解けることがあります。多くの方は、引っ越しを契機として公共料金の支払いなど、生活の様々な面を改めて検討するでしょうが、日頃見落とされがちなNHK受信料についても今後の対策を考える時です。もし、引っ越し先でテレビがないとすればどう考えても受信料を払う必要はありません。口座からの引き落としやカード払いならばそれを解除し、NHKとの契約を終わらせると生活費の節約につながります。地方から上京してきて、今まで3回引っ越しました。進学、就職をきっかけに引っ越したのですが、毎回苦労するのが荷作りです。単身者が引っ越す場合、私の経験では値が張るのは覚悟して、引っ越し専用ダンボールと布製ガムテープを使うと荷物を安全に運べるということです。ただでもらえるスーパーのダンボールやクラフトテープなどどは、強度の差は明らかです。荷物を無事に運ぶためには欠かせないものなので、何とか手に入れたいものです。引っ越す時期によって、業者に支払うお金もずいぶん変わってくるようです。一番わかりやすい例では、移動が多い春は引っ越しも増えるので、どんなことをしても費用は安くなりません。同じ理由で、土日や祝日の引っ越しも高く見積もられてしまいます。では費用面を考えて引っ越しの時期や曜日をずらすか、といえば、それは困難でしょう。情報はいくらでも手に入ります。引っ越しの総合案内サイトもありますので様々な業者から見積もりを出してもらうことが可能です。できるだけ情報を集めて、引っ越し費用の削減を目指しましょう。数年前、新築の家を建てて賃貸から転居しましたが、自分のデスクトップパソコンを問題なく移動できるよう神経をとがらせていました。このとき、3歳になる娘と1歳の息子の撮った写真のデータは、全てパソコンのドライブで保存していました。運ぶときの衝撃でデータが壊れないように詰め込めるだけのクッション材を詰めて梱包しました。業者さんもパソコンが入っていることをわかっていたため、ものすごく丁寧に運んでくれて、データは壊れることなく運ばれ、傷もありませんでした。
熊本市のAGAクリニック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です